レンタカーで事故を起こしたらどうなるの?

Q、レンタカーで事故を起こしてしまった時の保証問題について教えてください。

僕は日頃軽自動車に乗っているのですが、友人たちと今度出かける予定があり、1台で出かけようと思っているので、レンタカーを借りたいと思っています。
友人の親御さんは大きなワンボックスの車を持っているのですが、仕事で使用しているので借りることはできず、友人たちもスポーツカーや軽自動車などに乗っているので、どうしてもレンタカーを借りるしか方法はありません。
そうすれば1台で出かける事が出来るのでとても楽しみにしているのですが、その反面で心配なことがあります。

それはレンタカーを借りて出掛けている中で、もし交通事故を起こししまった時にはどのようにして先方に対する保証をすれば良いのかという部分になります。
運転するのは僕だけではなく、交代で友人同士が運転して行こうと思いますが、自分たちの車で事故を起こしてしまった時に保証されるという内容でしか保険をくんでいませんので、事故を起こしてしまった時には全員が自腹を切って保証しなければならないのかと心配しています。

レンタカーを借りるのが初めてで、詳しいことがわからないためこの部分については心配なのですが、出かける事はとても楽しみにしているので安心した状態で出かけたいと思っています。

A、ある程度の免責があります。

レンタカーを借りる際には基本的に保険料としていくらかを支払う仕組みになっています。
これは事故を起こしてしまった際に被害者に対しての保証問題についての保険料となっています。
レンタカー会社全体で保険に加入していますので、被害者に対する保証というのはこのような保険から行われることになっており、車を借りたドライバーさんが保証するという内容ではありません。
そのため、車の料金だけではなく保険料も一緒に支払をして無事に帰ってくることができれば保険料が返却されるものとなっています。

もちろん事故を起こしてしまった時にはこの保険料はそのままレンタカー会社に支払うものとなっており、あとは保険会社側から被害者の方への保証が行われます。
ただし、自分たちが借りた車に関しては自分たちで修理しなくてはならないので、ここは借り手側が負担する仕組みとなります。
ただ、必ずしも全額を負担するのかというとそうではなく、多くのレンタカー会社では免責があるので、例えば免責の金額が10万円であれば10万円以内で修理できる時には自分たちでの支払いとなります。

修理費用が10万円を超えてしまった場合の10万円以上については、レンタカー会社側で支払うものとなっていますので、10万円までを車を借りた側が支払うものとなります。
レンタカーを借りる際にはこうした部分である程度安心することができるのですが、借りた車を運転する際にお酒を飲んでいたりするとレンタカー会社が決めている保証内容なども適用されなくなってしまいますので、こうした部分では違反のないように運転しなければなりません。
特に遊びに出かけたりするとテンションが高くなってしまい、少々お酒を飲んだ状態で運転してしまうなどと言う人もいるようですが、これは絶対にしないようにしましょう。

またレンタカーを借りて事故を起こしてしまうと、同じ系列のレンタカー会社からは車を借りる事が出来なくなったりすることもあります。
自分の車と同じような感覚で大切に扱うことは非常に大切ですのでレンタカーだからと気を抜かないようにしましょう。
また車を借りる際に支払う保険料についてはそれぞれのレンタカー会社で違いがあります。
もちろん車を無事に返すことができればこのお金は返却されるものですから、出かける全員で負担しあうと良いでしょう。”