事故の加害者が盗難車に乗っていた

Q、加害車両が盗難車だった場合、誰が保証してくれるのでしょうか?

最近私の周辺で交通事故が多いので自分でも気をつけなければならないと思っているのですが、ふと気になったことがありますので質問させていただきます。
例えば、私自身が交通事故の被害者になってしまったケースで加害者が自分の車ではなく、盗難車に乗っていたという場合には誰がわたしに対しての保証をしてくれるのでしょうか?
加害者が保険に加入していればその保険から私に対する様々な保証は支払われるのでしょうか?
自分自身でも運転には気をつけなくてはならないのですが、もらい事故などもあり、特に私の周辺で、最近はもらい事故によって怪我をしてしまった人などが連続で出たため心配になっています。

その様な事故のケースがあるとは思いますがここ数年、車の盗難なども増えているようなので、万が一このような形で事故の被害者になってしまうとすべて泣き寝入りをしなければならないのかと急に不安になりました。
自分の車やご家族の車を運転しているのであれば、保険内容にしたがって保証されるのも理解できますが、盗難車の場合には、まさか盗難車両で事故を起こしても保証されるような保険は無いと思うので、このような事故の被害者になってしまうとやはり損をするだけになってしまうのでしょうか?

A、様々な状況から判断されることになります。

盗難車による交通事故の場合にはまず盗難された車がどのような状態であったのかについてが問われることになっています。
もちろん他人の車を盗むという行為は罪になるのですが、盗まれた車の所持者にもある程度責任がありますので盗みやすい状況で車が放置してあったのであれば加害者ご本人だけではなく、車の所持者も被害者に対する保証を行うことがあります。

よく見かけるのがスーパーなどでお買い物をする際にちょっとの間だからと鍵を開けたままドアロックもしないで放置してある車になりますが、このような車の前には車を盗もうと思っている人にとって、どうぞ持っていてくださいと言っているような状態となります。
スーパーなどばかりではなく、自宅前の道路などにおいても同じような状況で車を置いていれば盗まれても仕方がない状況と言えるので、こういったケースでは車の所持者にも責任問題が発生することになっています。
反対に車はしっかりと施錠されている状態で何らかの形で盗難されてしまったというケースでは加害者の基本的に被害者に対する保証を行いますが、加害者が加入している保険などがあってもこうした保険からは保証されないことがほとんどですので、加害者が自腹を切って被害者に対する保証するしかありません。

しかしながらそこまでの経済的能力があるかと問われた際に全ての保証をするのは難しいケースがほとんどで被害者が本当に困ってしまうことになります。
そういった場合には弁護士さん等を通じて加害者と直接的な話し合いを行っていくことが大切です。
弁護士を立てずにお互いで話し合いをしているだけだと加害者が音信不通になり、逃げ腰になってしまうようなこともあるので、これを防ぐためにも弁護士からしっかりとした連絡を取ってもらうようにしましょう。
保険に加入していない加害者が事故を起こした場合、被害者側としては、加害者の自賠責保険からの保証やその他にも政府保障事業への申請を行うことで、ある程度最低限の保証は受けられますが、盗難車であった場合にはこうした部分で保証が受けられませんので、当人同士の話し合いをするしかありません。
そこで、やはり頼りになってくるのが専門家としての弁護士になるでしょう。”