未成年が交通事故を起こしたら被害者への保証は出来るの?

Q、交通事故の加害者が未成年だった場合には、被害者に対しての保証は誰がするのでしょうか?

我が家にはもうすぐ免許取得する息子がいます。
免許を取得したら直ぐにに保険に加入するつもりでいるのですが、しばらくの間、車を購入する経済的な余裕がありませんので私の車に乗せるつもりでいます。
やはり初心者となると、交通事故の心配もその分大きくなってしまうのですが、万が一息子が未成年の状態で事故の加害者にはなってしまった場合には、私たち親が被害者の方に対して保証をしなければならないのでしょうか?
それとも息子本人が自分の名義で任意保険に加入していれば保険会社から被害者の方へは保証が行われるのでしょうか?

これまでこういった心配をすることはありませんでしたが、実際にはその免許を取得する年になるとこのような部分まで心配しなくてはならないと非常に不安な気持ちを抱えています。
事故を起こさないことが1番ですが、免許取り立てで万が一にでも加害者になってしまうことがあればその際被害者の方々に対して、十分な保証ができる経済的な余裕はありませんのでとても心配に思っています。
また、初心者で事故を起こしてしまうとすぐに免許証の取り消しなどになってしまうのでしょうか?

どのみちいずれ免許を取得しますのでいつまでもこのような心配をしていても仕方がないのはわかっていますが、事故に関しては特にシビアな気持ちになってしまいます。

A、保険の契約内容によって違いがあります。

息子さんが加害者になってしまった場合には親御さんの保険内容として、息子さんが親御さんの車を運転していても被害者の方へは保証ができるといった内容で契約していれば問題ありません。
お母様の車を運転されるという事ですが、お母様が契約している保険内容で契約者となっているお母様だけでなく、ご家族が運転をしていた場合にも被害者の方に保証される内容かどうかを確認しましょう。
万が一そうでなければ今のうちからこういった内容に契約を変更しておくと良いです。

また息子さんご自身の名前で保険の契約をすれば、当然ながら被害者の方への保証は行われます。
未成年だからといって保証ができないなどと言うことはありませんから安心しましょう。
運転免許証の扱いに関しては事故を起こした際のドライバーの運転状況によって変わってきます。
違反の多い状態で事故の加害者になってしまえば当然ながら免許取り消し処分などもありえるので、このあたりは息子さんに十分注意しておくと良いでしょう。

またこれから免許を取得されるということですが、自動車教習所に通いながら仮免許を取得した状態で万が一にでもご本人が事故の加害者になってしまうと、これは無免許扱いとなってしまうため非常に重い処罰となってしまうことも考えられます。
また仮に自分運転中に加害者となってしまった場合、被害者の方に対して保証されるかどうかはそれぞれの保険会社によって違いますので、このような部分でもやはりしっかりと免許取得するまではあまり路上での運転などしないように心がけたほうが良いでしょう。

仮免許を取得すると熟練の経験者が同乗していることで路上での運転も可能ですが、万が一の事故を考えると控えた方が良いかもしれません。
上記のように保険の内容により基本的には保険会社から被害者の方に対する保証は行われますので親御さんに直接的な責任問題で被害者側から請求がくるようなことはありません。”