交通事故で後遺症が残ると慰謝料が多くなるの?

Q、後遺症が残っていれば慰謝料が高くなると言われましたが本当ですか?

私は3ヶ月ほど前に事故に遭い被害者となりました。
数ヶ月間にわたり通院することによって今現在はあまり痛みなどもなく少しずつ日常生活にも戻ることができるようになりました。
不幸中の幸いで加害者の方が保険に加入していたので保険会社から仕事を休んだ間などについては保証されるということですが、そろそろ症状も落ち着いてきているので症状固定としての扱いになり、示談を成立させた方が良いですと言われました。
このような話を友人にしたところ、もし後遺症が残っていれば、慰謝料が多くなるのでしっかり検査をしてから示談に応じた方が良いと言われたのですが、本当に後遺症が残っていると、慰謝料は多くなるのでしょうか?

今のところ保険会社から提示されているのは数十万円なのですが、これがさらに多くなるということなのでしょうか?
私は特に骨折などなく、むち打ちの治療をしていたのですが、むち打ちの場合には後遺症にならないと言う話を保険会社の方から聞きました。
それでも友人はとにかく検査をしてみる必要があるから今すぐ示談には応じないようにと強く言うので悩んでいるのですが、もう少し通院期間を延ばしてから後遺症についての検査を行った方が良いのでしょうか?
友人は特に保険会社に勤めていたりするのではなく、その様な話を聞いて少し知識を持っているだけのようなので、私自身も不安に思っています。
できれば早く示談を成立させて事故の事はなるべく忘れるようにしたいのですが、友人の言うとおりにした方が良いのでしょうか?

A、慰謝料ではなく逸失利益というものになります。

事故で後遺症が残ってしまった場合には慰謝料が高くなるのではなく、逸失利益という費用が発生することになってきます。
これは後遺症が残らなければなんの問題もなく稼ぐことができていたと思われる収入に対してのことを言いますが、むち打ちでも後遺症が認められることはあります。
実際に後遺症が認められることになればどれだけの症状かによって認定される等級が決まりますので、この認定等級に応じた逸失利益が支払われます。
例えば、むち打ちそのものがひどい状態で、今後の仕事をしていくにも強い痛みを2年から3年程度は頻繁に感じてしまうだろうと言う結果になれば、2年半から3年間の収入を基本として逸失利益を支払うといった仕組みになっています。

対して慰謝料というのは交通事故の被害者が受けたであろう精神的なショックなどについて支払われるものとなっています。
交渉が認められた際の逸失利益というのは確かに金額にしてみると比較的大きなものとなりますから、友人はそういった意味でアドバイスをしてくれているのではないでしょうか。
また、後遺症の検査をするためには示談に応じる前の段階でなければなりませんから、こうした部分も友人のおっしゃるとおり今すぐに示談に応じるのではなく、まずは症状固定を待ちその後、むち打ちであれば3ヶ月が経過して初めて後遺症認定を行うための申請ができます。
ご本人がこうした内容を一切気にせず、とにかく示談を成立させたいのであれば仕方がありませんが、そうでないのであれば一度後遺症に関しての検査をしてみるのも良いかもしれません。

もちろんそこで後遺症が認められると限ったものではありませんが、もし認めれることがあれば被害者の方にとってメリットになるのは間違いありませんから、友人のアドバイスは慰謝料と逸失利益の違いはあるものの、その他は非常に的確だといえるでしょう。”